教師の転職成功のポイント

■教師を辞めたい人は意外に多い?

学校の教員も公務員の一種ですので、雇用状況が不安定な昨今、一般企業で働く人から見れば、教師という職業は憧れなのですが、その一方教育現場の実態に心を病んで教師が自殺したという話もよく聞きます。公務員の中でも教師の現場は傍から見るよりずっとハードで、転職を考えている方も意外に多いようです。

■教師から一般企業へ転職するのなら塾の講師?

教師で転職される方の数も、実は結構おおいわけですが、実際に転職を考えた時、次の仕事は何をするかという選択があります。まず折角教員免許があるのだから、それを活かす仕事をしたいというのであれば、考えられるのは塾や予備校の講師です。

塾や予備校の講師は、学校と同じく生徒に授業で勉強を教える仕事ですが、学校の教育と違って担当した科目を確実に理解させることに特化した仕事になります。

そんな仕事に向いている方は良いのですが、塾や予備校は一般企業ですので、担当した生徒の成績が上がらなければ、即評価に響いてきます。そうした営利目的で授業を出来るかどうかろいう問題もあるわけです。

■公務員という立場のまま転職できる?

また教師は辞めたいけど、教育の現場から離れたくはないとか、公務員の地位は捨てたくないと考える人は、教員のキャリアを利用して、教育委員会の関係組織や役所などへも転職は可能です。

可能といっても、常にそうした求人が出ているとは限りませんので、じっくり準備して転職活動をする必要はあるでしょう。

■教師特有の転職タイミングがある

転職活動は普通、現職を続けながらじっくりと時間をかけて行うものですが、学校の教師の場合は、タイミングがある程度要求されます。それは学校で生徒の教育を受け持っているわけですから、転職先が決まって教師を辞めるのは、学期末の3月末に調整する必要があるわけです。

まぁ、いざとなったらそうした配慮などしていられないかもしれませんが、「飛ぶ鳥後を濁さず」ということわざもあるように、社会人として取れる責任は取るようにしましょう。ですから一般的に転職先の会社で正式に採用が決まった場合、その会社に出社するのは翌日出社というのが喜ばれますが、転職者の都合で延ばせるのは、せいぜい2ヶ月くらいが限界です。したがって転職活動も学期末に退職できるタイミングを計って行うのがベストでしょう。

■転職活動はネットを利用すると便利

具体的な転職活動は、やはり仕事を続けながら行うほうがいいでしょう。インターネットを使えば、ハローワークの求人票も見られますし、求人雑誌とほぼ同じ内容の就職情報サイトも検索できます。そうして得られた求人情報から希望にあった会社なり公務員の求人なりを探すわけです。

ただ教員の方だけに限りませんが、自分の適性や適職というモノを、第三者の専門家に診断してもらうのも、転職活動で有効な手段です。ハローワークでは定期的にそうした相談会を行っていますので、そうしたサービスを利用するのもいいですし、参加する時間が作れない場合は、大手転職サイトが運営する転職エージェントに無料登録して、専門のアドバイザーに相談するという方法もあります。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら