現場監督の転職成功のポイント

現場監督の転職はこれまでのキャリアをどれだけ高く評価してもらうことができるかがまず鍵です。当然雇う側が「この人材に任せておけば大丈夫だろう」と思わせる評価を得ることが大前提ですから、過去のキャリアはもちろん、この仕事に対する適性をうまくアピールしていくことが重要になります。

そのためにはまず過去のキャリアをうまくアピールすることが大事です。すでに現場監督の経験がある場合にはどのような職場でどういった業務を行ったのかをできるだけ詳しく説明できるようにしておきましょう。現場監督の仕事は業務の内容はもちろん、スタッフの数や納期、あるいは現場の環境(周辺住民との関係など)などによって求められるものがかなり異なってきます。大きなプロジェクトに関わったことがある経験はもちろん、困難な状況もうまくまとめて無事仕事をまとめあげた実績も高く評価されます。苦労話を長々と語るような説明はよくありませんが、自分がやり遂げたこと、トラブルやリスクをうまく処理することができたことなどを要領よくまとめていけるようにしましょう。

それからどの分野の現場監督を目指すのか。現場監督の仕事といえば大きく分けて4種類があります。建築現場監督、土木現場監督、電気現場監督、建築設備現場監督です。もちろん、分野によって現場監督に求められる仕事や資質が異なってきます。また、同じ分野の現場監督でも手がける案件によって業務内容に違いが出てきます。たとえば建築現場監督では一般用住宅から集合住宅、大規模な商業施設のほか、官公庁や学校、病院といった建物など多岐にわたります。自分のキャリアや適性をよく考慮したうえでどれが自分に向いているのか、相手に高く評価してもらえるのかを判断していきましょう。基本的にはこれまでのキャリアを継続できる環境の転職先を探していくことになりますが、思い切って別の業種・分野への転職を目指す場合でもできるだけ過去のキャリアがアピール材料になるよう面接対策や職務経歴書の作成を工夫したいところです。

現場監督の転職成功では就業時間や休日環境にも目を向けておく必要があります。仕事によっては休日出勤が当たり前のケースもありますし、納期が近くなると連日のように残業を余儀なくされることもあります。この点はどの業種・分野でも避けられない面があるわけですが、生活への影響を考えるとできるだけそうした面は避けたいところです。現場監督の求人情報には求人と就業時間に関する情報が詳しく書かれているのが一般的ですから、よく確認し、不明な点があれば直接問い合わせるなど正確なところを確認しておきましょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら