管理栄養士の転職成功のポイント

■管理栄養士は、食の専門家として唯一の国家資格

管理栄養士の資格は就職・転職に役立つ資格です。資格を取得していない限り「管理栄養士」を名乗ることは出来ないという“名称独占資格”ですが、有資格者でなければ行えない業務というモノはありませんので、この資格さえ持っていれば企業の方からオファーが殺到するといった強力な資格ではありません。

しかし資格を取得するにあたって得たスキルは、転職活動に必ず役立つものです。

■食に対する関心が高まる中、注目されているのが管理栄養士

管理栄養士の資格が役に立つのは、やはり食事に関係する施設です。といっても決まったメニューを提供する外食チェーンなどではなく、毎日献立を立てる給食センターや会社の社員食堂などが管理栄養士の資格所有者を求めています。また自治体の運営する福祉センターや保健所などで、地域住民に栄養管理に関するアドバイスをするアドバイザーといった仕事も管理栄養士が必要とされています。

さらにスポーツハウスやホテルなどでもそこで出す食事に管理栄養士のアドバイスが求められるケースもあるわけです。日本は食に対する関心が高まる一方ですので、管理栄養士の需要は今後も高まるのは間違いありません。

■管理栄養士のライバルは栄養士?資格よりもスキルが大切

管理栄養士の需要が高まるのは事実ですが、現在のところ折角管理栄養士の資格を取得しても、まったく違う仕事に就いている方が多いのも事実です。

理由は食のアドバイザーとして管理栄養士より格の落ちる、「栄養士」という資格もあり、企業としてはより安い賃金で雇える栄養士の方で十分だと思っている点があげられます。管理栄養士に出来て栄養士には出来ないという仕事も限られていますので、管理栄養士としての資格を活かして転職を考えるのなら、まずは実務経験を十分に積んで、そのキャリアをアピールポイントにするのが重要でしょう。

■管理栄養士を求めている業界は広い 効率のいい転職活動をしよう

管理栄養士の資格を活用して転職活動を行う場合、基本は幅広い情報収集です。最近はインターネットで管理栄養士専門の求人情報サイトなんてモノもあります。したがって求人情報そのものの絞込みはそれほど難しくはありません。

ただ、管理栄養士は様々な業界の企業が求人を出していいます。

同じ食を扱う仕事にしても、業界や職種によって向き不向きもあるわけです。そうした企業の情報収集は単なる求人サイトではカバー仕切れません。独自で調べるしか方法はないわけですが、ハローワークの相談員や大手転職サイトが運営している転職エージェントのアドバイザーからなら、有効なアドバイスがもらえるかもしれません。どちらのサービスも基本的に無料ですので、迷ったときには利用してみましょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら