生保営業の転職成功のポイント

生保営業は転職が多い職業です。異業種から中途採用で転職しやすい職種というのもありますし、同業種への転職が多いと言う面もあります。転職しやすい傾向があるのは大きなメリットですが、その分職場に不満や限界を感じて転職をするケースが多くなるため、転職成功の際には長く働き続けられるかどうかが重要なポイントとなります。

未経験から生保営業への転職を目指す場合には教育環境がしっかり用意されているかどうかが第一のポイントです。生保は現場至上主義、成果至上主義の面が非常に強く、未経験から採用された場合にもすぐに現場に立たされるケースも少なくありません。仕事について十分な知識を得ないまま実務に入ると思うように結果を出せずにプレッシャーに追われる生活を余儀なくされてしまったり、自分はこの仕事が向いていないんじゃないか、といった悩みを抱えるようになってしまう恐れがあります。その結果この仕事の醍醐味ややりがいを知る機会がないまま転職してしまうといったケースも考えられます。そうならないためにも、入職した後にしっかりと生保営業の基本を学ぶ機会が得られるかどうかを事前に確認しておきましょう。求人情報だけでは入手できない面もあるだけに情報収集の方法にも工夫が必要です。

経験者が別の会社へ転職を目指す場合にはやはりノルマと成果の状況を見ておきましょう。厳しいノルマ、場合によっては現実的とはとても思えないノルマを課させられるケースも見られます。また成果がどれだけ昇給・昇進に影響するのか。これらのキャリアアップはもちろん、仕事のモチベーションとも深くかかわってくる問題です。生保営業はなりふり構わぬ営業を行うとのイメージが強く、親族や友人などにも勧誘するなど仕事とプライベートの区別をつけていないケースも見られます。しかし生保営業の誰もがそういったやり方に適応しているわけではありません。そうしたなりふりかまわぬ営業手段は避けたい、という方は現実的なノルマ設定をしている保険会社を選ぶようにしましょう。そうしないとノルマの厳しさよりもまず強引な営業を求めてくる企業の姿勢にやる気を失ってしまう恐れがあります。

転職をいい機会に資格を取得するのも生保営業の転職成功の大事なポイントです。とくに近年注目を集めているのがファイナンシャルプランナーの資格。単に保険商品を売るのではなく、ライフプランニングに保険商品を組み合わせる形でお客さまとの相談業務やアドバイスなどを行っていく資格です。また、損害保険の営業も行うことができるようになる損害保険募集人資格なども取得すれば転職先の選択肢が広がるほか、キャリアアップにも役立てることができるはずです。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら