美容師の転職成功のポイント

■美容師の転職は基本的には同業他店

美容師は国家資格が必要な職種です。したがって美容師になることがまず大変なのですが、美容師の方が転職すのであれば、一番成功しやすいのはやはり同業他店への転職でしょう。

異業種への転職をする方も少なくはありませんが、そうした転職活動の成功に関するノウハウは、別に美容師独自のモノではありません。普通に転職活動のポイントを押さえて行えばいいわけです。

■美容師業界では転職は普通?

美容師の方で一生同じ美容室で働く人といえば、オーナーかその子供位で、美容師が他店へ転職するケースと言うのはそれほど珍しくはありません。むしろ他店からの引き抜きや独立といった形で職場を変えていく美容師の方が普通で、欧米型の転職によってキャリアアップしていくのが、美容業界の特長とも言えるでしょう。

■転職活動を始めるのは、まず一人前になってから

美容師が転職でキャリアアップしていく事が普通だと言っても、まずは一人前のスキルを身につけていることが前提です。美容師を資格があるといっても、現場で覚えなければならないスキルは接客対応をはじめ山ほどあります。自分を指名してくれる固定客が何人かつくようななり、場合によっては他店から引き抜きの誘いがくるくらいの腕がなければ、まだまた転職しても成功する可能性は低いと思ったほうがいいでしょう。

■転職を成功させるには、ポジティブな理由が必要

美容師の業界で同業他店への転職が普通だと言っても、今の職場が気に入らないからといったネガティブな理由で転職を考えてはいけません。まぁ、美容師業界というのは、意外とハードで店によって勤務形態や勤務状況が違うのも事実です。しかし今の職場が不満だという理由だと、そこから逃げたいばっかりに慌てて職場を変えてしまい、そこもやっぱりダメだったという失敗例もあるからです。

転職する場合は、今の職場の不満より、これからどんな職場で働きたいのか、あるいはどんなスキルを身につけてキャリアアップしていきたいのかといった、前向きな気持ちで転職先を探しましょう。

■美容師の転職活動のポイントは?

美容師の転職方法は同業他店の場合、向こうから引き抜きに来るというオイシイパターンも珍しくはありません。しかし、腕を認めてくれるのは嬉しいでしょうが、雇用条件や給料などはシビアに交渉しましょう。また引き抜きにきた店の情報を、事前に調査しておくのも忘れてはいけません。提示される条件が良ければ良いほど、“上手い話には裏がある”という言葉をかみ締めて、慎重に転職活動をして下さい。

また引き抜きを待っているのだけではなく、自分自身で働きたい店を探して転職すると言う方法もアリです。インターネットには多くの求人サイトがあり、その中には美容師専門のマッチングサイトもあります。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら