エンジニアの転職成功のポイント

■エンジニアの転職は年齢によって事情が変わる

転職活動において、年齢というのは結構大きなポイントになりますが、エンジニアの場合は特に顕著です。一般にエンジニアと言えば「技術者」ということで、機械を使いこなす工業エンジニアから、コンピューターやネットワークなどのソフトを作り上げるITエンジニアまで色んなエンジニアがいます。

ただ共通して言えることはそれぞれの職種で、一朝一夕には身につかない高いスキルを持っているという点です。そんなエンジニアが転職を考えた場合、やはり異業種より同じ業界への転職が一番です。しかし年齢によって必ずしもそれが正しいとは言い切れません。

■20代から30代前半であれば、異業種への転職もアリ

エンジニアの場合、転職先の企業が求めるのは即戦力になりうる、エンジニアとしてのキャリアとスキルでしょう。ですから若い世代、特に20代や30代前半の転職希望者の場合、企業が期待するほどの知識や経験が備わっていない可能性もあり、それが理由で採用されないこともあるわけです。

ですから、まだ若いうちであれば同業他社にこだわらず、異業種への転職を考えるという選択もあります。

■30代後半から40代以上であれば、異業種転職はもったいない

逆にエンジニアとして、十分なキャリアを積んだ30代後半から40代以上の方であれば、その経験と知識は転職活動において、強力な武器になることでしょう。まぁ、社会人としても長く生きているわけですから、本当に自分のやりたい仕事が異業種であった場合でも、それなりに転職の道は開けるとは思いますが、エンジニアとしてのキャリアを捨てるのは、もったいないと思います。

■転職成功のポイントはセールス力

そんなエンジニアの方が転職を考えた場合、ネックとなるのは自分のスキルやキャリアをセールスする力かもしれません。エンジニアは営業職や接客業ではありませんから、転職したいと思う企業に対して、上手く自分を売り込む事が出来るかという点が問題になってきます。

もちろん職種とは関係なく、コミュニケーション能力やセールス力が高い方はいますが、転職に対するノウハウは専門家のアドバイスを受けたほうがいいでしょう。

■転職の専門家のアドバイスを聞いてみよう

転職の専門家といえば、まず思い浮かぶのはハローワークの相談員です。ハローワークには普通に選んだ求人票から相手企業への面接アポをとってくれる相談員がいますが、それ以外にも就職・転職に関する相談に乗ってくれる相談員もいます。そうした相談員に履歴書の書き方や、面接の際のアドバイスを受けられるので、利用してみるといいでしょう。

また求人情報はハローワークだけではなく、インターネットに多くの求人サイトがあります。最近はエンジニア専門の転職サイトもある上、ハローワークとほぼ同じサービスを無料でしてくれる転職エージェントといわれるサービスもありますので、これらを活用して転職活動に役立てるといいでしょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら