コンサルタントの転職成功のポイント

■転職組が多いのがコンサルタント業界

一般的にコンサルタント業というのは、大企業を中心に顧客となった会社の経営の問題点を指摘し、解決策を提案するのが仕事です。個人でコンサルタント業務をしているフリーランサーも多くいますが、未経験でコンサルタント業をするよりも、コンサルタント会社で仕事を覚えるのが基本でしょう。

そんなコンサルタント会社に入社するのは、転職者が結構多く、また転職希望者に対して広く中途採用の門戸を広げているのもこの業界の特徴です。

■転職回数はデメリットにならないが、ハードルは高い

コンサルタント会社への転職は、これまでに一般企業を何社も転職している人でも、その転職回数の多さがデメリットにはなりません。むしろ数多い業界を知っているという肯定的な評価に繋がる場合もあるわけです。

しかし、転職回数に相応しいキャリアとスキルは厳しく問われます。在職していた会社の業界に関する知識や経験を何も持たず、ただ職を転々としてきた場合は、コンサルタント会社への転職は厳しいでしょう。

つまり一般企業の仕事をしてきた中で営業職なら営業職、事務職なら事務職といったキャリアが、そのまま活かせるのがコンサルタント業だともいえます。そういう意味でも新卒者より、社会経験のある転職者のほうが向いている業界です。

■コンサルタント業界で役に立つ資格とは?

コンサルタント業界への転職を考えた場合、企業の経営などに関する資格はあった方が有利でしょう。MBAや中小企業診断士、あるいは公認会計士など資格を取っておいて損はありません。

またコンサルタント会社の顧客になるような企業の多くは、海外進出を考えていたり、実際に拠点を海外に構えている規模の会社です。したがって外国語をビジネスレベルで習得していることが望ましく、特に高い英語力は強力なアピールポイントになります。

■コンサルタント業界への転職はエージェントを利用すると便利

転職活動をする上で、自分で情報を集めて積極的に企業へアプローチをするのは当然ですが、コンサルタント会社へ転職を希望する場合、転職エージェントを活用するのが便利です。

というのも、ネットや求人誌などに掲載される求人の中には、コンサルタント会社のモノもありますが、そのコンサルタントというのが、個人向けの出版コンサルタントで、内情は自費出版を勧める会社だったりするといったケースがあります。単に横文字職種だから目を引くと思っているのか、そんな“なんちゃってコンサルタント会社”が少なくないからです。

転職エージェントを利用すると、そうした怪しい求人情報は除外して、転職希望者が望む企業の求人情報を紹介してくれますし、希望する企業に採用されるために有効なアドバイスもしてくれます。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら