介護職員の転職成功のポイント

介護職員の転職成功のポイントはズバリ、給料と将来性です。高齢化の進行に対して介護職員の確保が追いついておらず、介護関連の施設では慢性的な人手不足が続いているといわれますが、その大きな原因となっているのがこの2つなのです。人手不足の影響から未経験でも歓迎される職場が大半なのにも関わらず人手を十分に確保できている職場が少ないのもこの2つに不安や不満を感じた結果離職してしまうことが多いからです。転職を決意した方もこの2つを直接の原因としている方が多いはずです。

どの職種の転職においてもできれば次の職場では長く働きたいと考えるものです。できれば定年退職まで勤めたい、と。その基本的な願望をかなえるのが難しいのが介護業界です。経営状況の問題などもあって昇給の面でも将来性が期待できず、数年働き続けた段階で限界を感じてしまうケースも少なくありません。そのため転職を成功させるには最低でも5年後の状況を踏まえた上で判断していく必要があります。求人情報に掲載されている採用時の待遇がいくらよくてもその後頭打ちでは恵まれた職場とはいえませんし、転職に成功ともいえないでしょう。

この給料と将来性をチェックする際にはまずどんな施設・サービスへの転職を目指すかがポイントとなるでしょう。特別養護老人ホームに代表される介護保険制度が導入された施設だけでなく、有料老人ホームなどさまざまな高齢者向けの施設が全国的に増加傾向を見せています。こうした職場の中でどこがもっとも将来性が期待できるか、あるいは将来の昇給面を含めた給料面に恵まれているか。民間の有料老人ホームの中には高級志向の施設で介護職員に高いレベルのサービスを求める一方、給料面で恵まれているところもあります。一方民間の場合は経営状態や就業環境に注意も必要です。

あとはやはり人手の状況。経営状況に問題がなくても人手が不足していて介護職員への負担が大きな職場では長く続けることはできませんし、そうした意味で将来性が期待できない職場と判断するべきでしょう。施設のホームページをチェックするなどしてスタッフの人数と施設の規模のバランスをまず確認しておくこと。そのうえで夜勤や残業、休日の状況をできるだけ正確に把握したうえで無理なく働ける職場かどうかを見ておきましょう。長い間求人情報を掲載し続けている施設は思うように人材の確保と定着ができていないケースもあるので入念な情報収集が望まれます。

すでに介護職員としての経験を積んでいる以上、自分が無理なく働くための条件もある程度把握しているはず。優先すべき点をしっかり踏まえた上で転職活動を行っていきましょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら