経理の転職成功のポイント

経理の転職ではまずどの業種への転職を目指すかが第一のポイントとなるでしょう。経理は営業職と並んで異業種への転職がしやすい職種です。これまで勤務してきた職場と同業種への転職を目指せばそれだけ有利な環境・待遇の職場を見つけやすくなりますし、心機一転、新たなスタートを切りたい場合には異業種への転職が適しています。経理職はどの業種・企業でも欠かせない職種ですから、転職をいい機会にこれまでよりも少し視野を広げた上で求人情報を探していくのもよいかもしれません。

そのうえでどの分野を担当したいのかも明確にしておきましょう。経理とは企業の経営状況に深く関わる仕事ですが、具体的な業務にはさまざまな分野があります。とくに多角化・国際化を推進している企業や大企業ともなると同じ経理職でも担当する業務がまったく違う、というケースも出てきます。経理といえば主計や管理会計の仕事がまず連想されますが、他にも財務や税務といった役割もあります。この点はキャリアアップとも深くかかってくるので転職成功における最大のポイントといってもよいでしょう。

基本的に経理職のキャリアは主計からはじまって管理会計、さらに財務、税務へとアップしていきます。ですから転職の際には自分が経理職としてどの程度のレベルにあり、どの分野への転職の可能性があるのかをよく考慮したうえで求人先をチェックしていく必要があるわけです。理想としてはこれまで担当してきた職場よりもワンランクアップできる職場を選びたいところ。希望はもちろん、転職後のキャリアアップも考慮に入れたうえで選んでいきましょう。

なお、この点については転職先の経理職の規模や人材の配置状況も重要になります。企業によって特定の業務に専念して働けるところもあれば、いくつかの部門を兼務するところもあります。特定の分野でキャリアを積んでいきたい方、キャリア志向が強い方にとってはこの点も事前の大事なチェックポイントとなるでしょう。

新たな資格を取得したうえで転職を目指すというのも成功させるひとつの鍵です。日商簿記2級は必須として、他にも経営関連、財務関連の資格取得を目指してみましょう。とくに近年重要性を増しているのが英語力。経済のグローバル化によって海外業務での経理を担当する機会も多くなっているため、TOEICの点数、700点以上のレベルがあれば転職にかなり有利な武器として役立てることができるでしょう。

このように、まず目標をしっかり定めたうえでキャリアを追求できる職場を探していくことが経理職の転職成功の大前提となります。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら