ベンチャー企業への転職成功方法

■そもそもベンチャー企業って何?

ベンチャー企業と書くと、何やらカッコいい会社のような気がしている人が多いかもしれませんが、要は“中小企業だけど、独自の技術やノウハウで急成長している会社”をベンチャー企業としているようです。

ベンチャー企業は、何かIT分野や最先端技術を扱う会社の総称だと思っている方が多いようですが、中小企業にもかかわらず、独自の技術で急成長している会社の割合が、たまたまIT分野や最先端技術で多いだけで、あらゆる業界にベンチャー企業は実在します。

■ベンチャー企業への転職はハードルが低いが罠も多い

ベンチャー企業はただ独自の技術やノウハウを持っているだけではなく、それを使って急成長している会社です。したがって仕事は増加しており、人手不足である事が多いと言えます。とはいえ大企業ほどのネームバリューはありませんので、中途採用を積極的行って、人材の確保をしようとしている企業が多いわけです。

ということは当然求人の募集も多く、そういう意味では転職活動において、ベンチャー企業は比較的ハードルが低い会社だといえるでしょう。

しかし、この急成長している会社というのは採用されやすい分、危険も多いかもしれません。入社してみたら現場は急に増えた仕事をこなしきれずに連日長時間残業、といったブラック企業かもしれませんし、急成長してしまった分、運転資金の管理をしくじってアッサリ倒産なんてこともベンチャー企業にはあるわけです。

■ベンチャー企業への転職は事前調査が必要

そんなわけでベンチャー企業への転職を希望する場合は、求人を出している企業の実情を事前に調査しておいた方がいいでしょう。一番手軽な方法は、企業の情報をインターネットで調べてみることです。

ベンチャー企業自身のHPは都合の悪い情報は載せないでしょうが、匿名掲示板などには、根も葉もない中傷とは言い切れない情報が混ざっている場合もあります。

またその企業が求人サイトに掲載している求人情報もヒットするはずです。もし応募をしようとしている企業の求人広告が、異様に多くヒットする場合、その企業は離職率の高いブラック企業の可能性があります。

■応募する前にプロに聞いてみよう

個人で収集できる企業の情報といえばその位ですが、実際に転職活動をしていれば、ハローワークの紹介担当者に企業の評判を聞いてみるという方法もあります。その他には転職サイトが運営している転職エージェントに無料登録すると、自分にマッチした企業の求人情報のほかに、企業の特徴も聞けば教えてくれることもありますので、企業情報は転職業界のプロに聞くのが有効かもしれません。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら