Uターン転職で成功する方法

■Uターン転職が増えている?

都会から地元や地方都市に転職をするのは「Uターン転職」ですが、その数は確実に増えています。別に地方生まれの人だけではなく、高い育ちの人が田舎暮らしに憧れて地方都市に転職する「Iターン転職」を含めると結構な数になるかもしれません。まぁ、毎年都会に出てきて就職する人の数がそれを遥かに上回っていますので、都会を離れる人の数は目立ちませんが、自分の生まれ育った地方や田舎を目指すUターン転職希望者は少なくありません。

■Uターン転職は意外に大変

Uターン転職は、その転職活動が大変です。何しろ今住んでいない場所にある会社に転職すのですから、求人情報の収集から応募、そして入社試験まで、近くの場所で転職するのに比べ、問題は山積みです。

地元や住みたい場所に引っ越してから、ゆっくり仕事を探せばいいと思っている人もいるかもしれません。しかしその考えは甘いです。都会に比べて、まだ地方都市は深刻な不景気から脱却していません。行ってみたら全然求人がなかったなんて事もあり得るのです。特に40代以上のミドル世代のUターン転職は、あせらずじっくり時間をかけて、都会に住んでいる間に転職先を決めておきましょう。

■情報収集はネットを使おう

Uターン転職は、現在の生活エリアとは離れた場所の求人情報が必要です。新聞や就職情報誌は地元の求人しか載せませんので、少し前までは全国レベルの求人情報を探そうと思ったら、ハローワーク(当時は職安)まで行くしかありませんでした。

しかし、インターネットの普及によって今ではパソコンやスマホで、日本中の求人情報が手軽に調べられるようになりました。そういう意味では、求人情報を探すだけなら、住んでいる地域は関係なくなったと言えます。

■実際の転職活動は、じっくりと時間をかけて

Uターン転職先が生まれ育った故郷であれば、地元に住んでいる親戚や、友人知人といった人脈があると思いますので、通常の転職活動ではなく、コネやツテを使った転職活動も不可能ではないでしょう。ただそうしや裏技も使いながら、自分自身でも独自に転職活動をした方がいいと思います。

ネットを使えばUターン転職した地域の求人情報は得られますし、応募書類は郵送できますので、そこまでは離れた地域でも問題はないのですが、Uターン転職の難関は面接です。面接は実際に転職を希望する会社の担当と会わなければなりません。

まぁ、Uターン転職希望者を対象にした求人の場合、ちょっとした規模の会社であれば、会社側から面接担当者が会いに来てくれるケースもあります。しかしその場合も何人かまとめて面接するのが普通ですので、仕事をしながら転職活動をする場合は、日程調節は意外に大変です。

転職エージェントに登録して転職活動をすると、そうした日程調整も任せられますが、まず覚悟しておくのは、今住んでいる場所から遠く晴れた地域にUターン転職をする場合、書類郵送や面接日程など、普通に転職するよりも時間が掛かるのは当たり前だという事です。あせらず、じっくりと転職活動をするのが、成功する秘訣かもしれません。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら