中小企業への転職成功方法

■中小企業への転職成功は採用されることではない?

転職活動の多くは中小企業間で行われています。したがって業種職種、あるいは待遇面などにこだわりを持たなければ、転職そのものは難しくはありません。ただ“成功”といえる転職を果たすには、漠然と転職活動をするだけではいけません。

転職成功の例として一番わかりやすいのは、やはり収入がアップしたという事になるでしょう。同じような仕事をして給料が上がれば、転職は成功だと言えます。

また人によっては、一時的に収入が下がっても生涯年収において、確実に転職後のほうが高くなることが約束されている場合も精巧だといえるでしょう。あるいは報酬額ではなく、自分が本当に生き甲斐を持てる仕事を得たと思えれば、これも転職に成功したといえるわけです。

■中小企業の方がかえって大企業より給料が高い場合がある?

中小企業は大企業に比べて給与面で低水準だと思われがちですが、すべての中小企業が大企業に比べて低賃金だということはありません。むしろ業績を上げれば、かなりの高給をとれる人もたくさんいます。これは歩合給の営業職にありがちなパターンですが、そうした営業だけではなく中小企業は経営者と密接に仕事をする機会も多くあり、社長の信頼を得られれば結構な収入アップを実現できるわけです。

ただどちらの場合も、会社に貢献していると評価されるだけの実力は必要で、そういう意味でも中小企業への転職成功は、ただ単に雇用されるだけではないといえます。

■転職活動は現在の仕事を続けながらするのが基本

これは中企業向けの転職に限ったことではありませんが、転職活動は現在の仕事を続けながら行うのが基本です。仕事を辞めてしまってから、次の仕事を見つけるとなると収入面でタイムリミットを切られることになります。そうなると上手く転職先が見つからない場合、自分の目的とは違う会社への就職を余儀なくなれる可能性が高いからです。

また実際に転職を希望する会社に対しても、すでに会社を辞めてしまっている場合、どうしても後先を考えずに退職したというネガティブなイメージが付きまといます。自分のビジョンを持って着実にキャリアアップを目指しているというアピールのためにも、現職を続けながら転職活動をすることをお勧めします。

■仕事を続けながら転職活動をする方法

仕事をしながら転職活動をするのは、昔は大変でした。外回りの仕事や変則シフトで平日の昼間に出歩ける立場であれば、こっそりとハローワーク(当時は「職安」)へ通えましたが、普通に9時5時で働いている職場では、会社に内緒で転職活動をするのは至難の技だったのです。

しかし今はインターネットの普及で、パソコンで手軽に…どころかスマホで簡単にハローワークの求人票や転職サイトの求人情報が見られます。中小企業への転職を成功させるためには、今の仕事を続けながらじっくりと情報収集をしましょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら