短期間で転職に成功する方法

■転職には時間が掛かるもの…だけど時間がない?

転職成功の大原則は
“時間をかけてじっくり行う”
です。転職活動の平均期間は、転職を思い立って5ヶ月だと言われていますし、転職活動1年以上という人も珍しくはありません。

しかし、人によって色んな事情でそこまで、じっくり転職活動をしていられない人もいます。今いる会社内で問題が発生して、辞めざるを得なくなったケースもあるでしょうし、親が病で倒れて急遽、Uターンしなければならなくなったといった事情もあるでしょう。

■短期間で転職をせまられた場合の選択は?

どうしても限られた短い時間で転職しなければならなくなった場合、迫られる選択は二択です。それは
・とりあえずすぐに雇用される仕事をみつけ、そこを腰掛にしてじっくり転職活動をする
・何が何でも短期で目指す転職先を見つける
というモノでしょう。

転職を急がなければならない理由と言うのは、概ね当面の収入が途絶えて、生活が出来なくなる危機があるということです。ということは、さしあたって出来る仕事があれば、パートでもアルバイトでもやって、経済的な危機から脱出した後にじっくり転職活動をするという選択があります。

無駄に履歴書に転職回数を増やすというデメリットはありますが、あわてて転職活動をした場合、結局不本意な会社にしか採用されず、また転職活動をするハメになりますので、結果は同じことです。

■どうしても短期で転職を成功させたい場合は?

それでも短期間で転職をさせたい場合は、転職活動の“密度”を上げるしか手はありません。普通転職活動は、ネットを駆使して自分にあった条件の求人情報を探し出し、その会社に応募して採用試験を受けていきます。

当然一度で決まることなど滅多にありませんので、今している会社を辞めずに仕事を続けながらコツコツと活動を続けていくわけです。

しかし色んな理由で転職までの時間的なリミットがあった場合は、なりふり構っていられる場合ではありません。毎日次々と目ぼしい会社をチェックして、片っ端から応募していくしかないでしょう。

またインターネットの大手転職サイトが提供している転職エージェントに登録しておくのも効果的です。

転職エージェントは、転職希望者にマッチした求人情報を提供してくれますし、選考をパスしやすい履歴書の書き方や、面接のポイントもアドバイスしてくれます。

そうした転職エージェントもひとつではありませんので、自分の探している業種や業界が得意そうな転職エージェントに複数登録して(どうせ登録料は無料だから)、自分自身の転職活動のひとつとして利用するといいでしょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら