第二新卒の転職成功方法

第二新卒を積極的に採用する企業が増加しているといわれており、転職先の選択肢も広がっています。その意味では転職のチャンスを得やすい状況といえるわけですが、一方ではすぐに辞めてしまったというネガティブなイメージはどうしてもつきまといます。そのネガティブな面をうまくカバーしつつ、自分に合った求人を探していくことが転職を成功させるうえでの大事なポイントとなるでしょう。

2010年頃から第二新卒の採用に積極的な企業が増えており、現在でもその状況が続いています。その理由には若い人材を確保しておきたいという積極的に理由と、新卒社員の3割が3年以内に辞めてしまうため、その分を第二新卒で補うというやむを得ない事情の2つがあります。ですから第二新卒の採用に積極的な企業を探す際にはまずどのような事情で積極的になっているのかを確認しておきましょう。

たとえば若い人材を確保したいという目的から第二新卒を積極的に採用している企業では教育・研修環境が充実しているケースが多く見られます。まだ社会人としての知識やスキルを身につけておらず、しかも前の職場をすぐに辞めてしまったことへの負い目を感じていることが多い第二新卒に合わせた教育・研修環境を整えているところが多く、転職先としてはかなり恵まれた選択肢といえます。一方新卒の退職者が多く人手不足を解消するために採用を行っている企業ではこうした教育・研修環境が十分に整っておらず、新卒がすぐに退職してしまいやすい環境をそのまま第二新卒にも求めるケースが見られます。第二新卒の教育・研修では知識やスキルを身につけるだけでなく、その職場になじむための対策も必要ですから、求人探しを行っていく際には必ず確認しておきたいところです。

それから企業側が第二新卒に対して何を求めているのかをできるだけ調べておきましょう。この点は企業によって姿勢が異なっており、全体的には志望動機、その企業でぜひ働きたいという意欲が重視されていますが、他にも仕事に対する理解度、資格、語学力といった要素を判断するケースも見られます。企業によって重視するポイントやそれぞれの要素の比重が異なってくるため、事前の情報収集が欠かせないのです。資格や語学力といった自己アピールのための武器を持っている場合には応募条件でこうした点を重視する企業を優先的に選んでいきましょう。実際には具体的なアピールポイントがないケースがほとんどでしょうから、意欲をアピールするのが一番の対策です。その企業の業務内容や自分にどういった役割が求められているのかを正確に把握したうえでやる気と適性の両方をうまくアピールしていきたいところです。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら