転職成功のために取っておきたい資格

転職成功の鍵を握るといっても過言ではないのが資格です。未経験や実務経験に乏しい業種・職種への転職を目指す際には経験の不足を補う手段として、実務経験がある場合には年収アップやキャリアアップを補うための武器として大いに役立ちます。とりわけ即戦力が求められる現在の転職市場では知識・スキルの裏づけとなる資格は必須といってもよいでしょう。

転職成功のために取っておきたい資格には2つのタイプがあります。まず幅広い業種・職種で役立つ資格。その資格を取得していれば転職先の選択肢が広がるというわけです。代表的なところでは日商簿記や社会保険労務士。経理や人事関連の職場で広く役立つ資格で、未経験からの転職のチャンスも広がります。日商簿記の場合は2級が最低限、1級を取得していれば経理のスペシャリストとしてさまざまな業種で重宝されるでしょう。社会保険労務士は労働問題が浮上する機会が増えている現代社会で需要が急速に高まっている資格で、就業規則の作成から年金問題、さらにコンサルタント業務など幅広い分野で活躍できる資格となりつつあります。資格取得の難易度がかなり高いのですが、将来的には独立開業が可能な点も大きな特徴です。

もうひとつのタイプは特定の分野や業務に役立つ資格。転職したい業種・職種が決まっている際に取得すると大きな武器になります。その代表格が宅地建物取引主任者、いわゆる宅建です。不動産業界では必須といってもよい資格で、この業界への転職は実務経験の有無よりもこの資格を保有しているかどうかの方が重視されるほどです。それから中小企業の間で需要が高まっているのが中小企業診断士。経営状況の悪化と破綻が大きな問題となっている中小企業のコンサルタント業務がメインの業務となります。コンサルタント会社で勤務するほか、企業に勤務するサラリーマンとしてその知識とスキルを活かす形もあります。

保険業も含めた金融業界ではファイナンシャルプランナーの資格も人気です。企業の資金計画から個人の顧客のライフプランニングまで、資産運用や金融に関する幅広いアドバイス・コンサルタントを担当するための資格です。この資格は国家資格の「ファイナンシャル・プランニング技能士」のほか民間資格の「AFP」「CFP」などの資格もあります。国家資格は3級〜1級までの3段階があり、取得の難易度が高くなればなるほど転職の際に有利になっていきます。

今回取り上げた資格の中から自分が転職したいと思っている業種・職種と関わりがありそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら