同業他社への転職成功方法

■同業他社への転職収入アップに有利

転職活動で、一番転職後の収入アップが見込めそうなのが同業他社でしょう。会社ごとの細かいノウハウに違いはありますが、基本的には今までの仕事と同じです。そうしたキャリアは転職活動にフルに活かせますので、希望する会社に転職できる確率は高くなります。

ですから、年収アップのために転職するのであれば、同業他社を狙うのが一番ですし、逆に転職して年収が下がるのであれば、転職の意味はありません。

■転職活動中にバレる恐れがある?

自分に十分なスキルとキャリアがあれば、同業他社への入社自体はそれほど困難ではないでしょう。しかし同じ業界内での転職には、色々と問題があるのも事実です。

一番の問題は、今勤めている会社に転職先がバレることです。同じ業界内での噂で転職活動中にバレてしまうだけで、現在の会社での立場は相当悪いものになってしまうでしょう。

最悪、それが理由で転職先の会社から入社を断られる可能性もありますので、同業他社への転職活動は情報が漏れないように細心の注意が必要です。

■転職後も前の会社から訴えられるかもしれない?

近年、企業によっては社内規約や誓約書を書かせることによって、一定期間同業他社への就職を禁止したり、仮に就職しても同じ業務に就くことを禁止しているケースが増えています。

これは守秘義務に関する防衛策で、自社の情報やノウハウが他社に漏洩するのを防ぐのが目的です。

ですから転職活動をする場合、現在在籍している会社の服務規程にそうした転職条件に関して制限がかけられているか、または同業他社への転職をしないといった誓約書を書かされていないか確認しましょう。それを怠ると転職後に前の会社から告訴されてしまう可能があるわけです。

ただ、日本は憲法で“職業選択の自由”が保障されています。個人の職業選択を必要以上に制限することはできません。ですから服務規程や誓約書をよく読み、その制限に引っかからない方法というのが必ずありますので、専門家に相談するのがいいかもしれません。

■同業他社への転職を成功させるのは?

同業他社への転職は、新しい会社への就職活動そのものはスキルやキャリアがありますので、それほどハードルは高くないでしょう。問題は今勤めている会社にどうやってバレずに転職をするかが、キーになってきます。

転職が決まった後に、いったん失業してほとぼりが冷めた頃に転職先へ出社するなど、方法は色々ありますが、問題にならない転職方法は入社が決まった会社との相談して上手くやりましょう。またそうしたアドバイスは、本やネットでも参照できる情報がたくさんありますので、転職活動中に参考すれば役立ちます。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら