転職成功のための志望動機のポイント

■企業が見るのは「志望動機」

これは転職に限った事ではありませんが、企業が社員を採用する場合、書類選考にせよ面接にせよ、採用の目安にするのは“志望動機”なります。

もちろん、キャリアやスキルも検討材料ですが、最終的な判断基準は、どうしてウチの会社を選んで、入社を希望してきたのかという点が重要視されると思って間違いありません。

■模範解答はネットで拾える?

転職を希望する会社に出す書類と言えば、職務履歴書と職務経歴書になる場合が普通です。これらの書類の書き方は、書店に行けば模範解答を指導した本が売っていますし、最近はインターネットのWebサイトに「模範例」が掲載されています。そうした情報を見本にして、職務履歴書や職務経歴書を書くのも悪くはないのですが、丸写しはよくありません。

ちょっと考えればわかると思いますが、本やネット情報を見ているのは自分だけではありません。同じように転職や就職を考えている数多くの人が、そうした模範解答を見本にして職務履歴書や職務経歴書を書いているのですから、丸写しにしたら絵に描いたような模範解答であっても、企業側の担当からすれば“どこかで見たような内容”になってしまいます。

■印象に残る志望動機を見つけよう

ですから、そうした本やネットの情報を参考するのも悪くはないのですが、参考にするのは模範解答例ではなく、その前後に書いてある志望動機を書く場合のポイントが重要です。たとえばそうした情報でありがちなのは、
・ひとつではなく、二つ以上の志望動機を、簡潔な文でまとめる。
・書類の枠内に小さな字でビッシリ書いたり、余白が大きくなり過ぎないように、字の大きさや文字間隔を調整する。
といったモノです。

そんなポイントを押さえつつ、自分の言葉で志望動機を書けば、印象に残る志望動機になるでしょう。また、就職活動の書類の書き方を添削してくれるサービスもあります。ハローワークや転職エージェントだと、無料でやってくれますし、他にも探せば実際に自分で書いた職務履歴書や職務経歴書を添削して、アドバイスをしてくれるサービスはあります。

■面接でまた聞かれる志望動機

書類選考でパスした場合、面接選考へと進むわけですが、面接でもまた志望動機を聞かれる、というパターンは少なくありません。基本的には書類に書いたことと同じ事を言えばいいのですが、自分の気持ちが相手に確実に伝わるように話さなければなりません。面接は書類のように書き直しやり直しが出来ない一発勝負なのですが、志望動機を聞かれるのは、本番前から想定できますので、模擬面接などを利用して事前にリハーサルをしておくといいでしょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら