転職回数が多い場合の転職成功方法

転職回数が多い、とくにひとつの職場への在籍期間が短い場合、どうしても転職活動の際には不利になってしまいがちです。採用する側にしてみればできるだけ長く勤務してくれる人材を求めますから、転職回数が多い人材を雇うのはリスクが大きいということになります。ですからこのマイナス点をいかにうまくフォローしていけるかが転職回数が多い場合の転職成功方法の鍵といえます。

まず第一のポイントはできるだけ転職回数が多いことをポジティブな要素に結びつけること。絶対にやってはいけないのは前の職場の文句やネガティブな要素を前面に押し出してしまうことです。とくにひとつの職場への在籍間が短い場合、採用担当者は「短期間しか働いていないのにいったい何がわかるというのか」と思いますし、「我慢ができない性格」との判断を早い段階で下してしまう恐れもあります。

転職回数が多いことをポジティブに捉える場合のコツはまずさまざまな職場で働いた経験をアピールすることです。もちろん、短期間ですぐに辞めてしまった場合は仕事そのものの経験をアピールするのは難しいですから「いろいろな職場を経験したことでようやく自分の適性ややりがいを感じられる職業を見極めることができました」など、応募先の企業で長く働く意欲を感じさせる内容を盛り込みましょう。その場合には企業やその業種に関する知識をしっかりと踏まえておくことが大事です。応募先の企業の業務内容や就業環境がいかに自分に向いているのか、自分が求めていたものなのかをうまく説明していきたいところです。

もうひとつは行動力のアピールにうまく結びつける点。興味をもったら、やりたいと思ったらすぐに行動に移す性格からいろいろな職場を転々として見聞を広げてきました、その結果として貴社がもっとも自分にとって最適な職場だと判断したので応募しました。これからは持ち前の行動力を業務に役立てたいと思う、といった具合です。先述した転職経験のアピールとうまく結びつけることで相乗効果が期待できるでしょう。

このように、まずは転職回数が多いことをプラスに転化する対策が求められます。そのうえで生活環境も踏まえた上で求人情報をチェックしていきましょう。やりがいや収入だけではなく、自分の生活環境に合っているかどうかも長く働き続けられる職場を探していく上での大事なポイントです。面接の際には家庭環境が貴社の就業環境と適している点なども盛り込んでいきましょう。ネガティブなイメージをもたれてしまうのは避けられませんが、こうしたポイントを踏まえておけばマイナスの評価を最小限にとどめることができるはずです。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら