出戻り転職で成功する方法

■なぜ出戻りたいのか?

転職後に前居た会社に再び転職する“出戻り転職”ですが、転職者が考えているほど甘くはありません。出戻り転職をしたいと考える以上、今いる会社よりも前の会社が良かったと思っているわけですが、その理由はなんでしょうか?給料が前のほうが良かったという場合は、完全に転職者の失敗だといえます。

また前の職場の方が雰囲気が良かったなど、人間関係を懐かしんで出戻ったとしても、一度退職した人間に対して同じように接してくれる保証はないのです。

■出戻り転職は甘くない

実際に出戻り転職をする場合、普通の転職活動のようにハローワークやネットの求人情報を見て、普通に応募する人は少ないでしょう。自分が勤めていた頃の上司や同僚のツテを辿っていく事になると思います。転職者自身のスキルやキャリアがまだ評価されているのであれば、書類選考や面接などといった面倒な手続きを飛ばして、結構簡単に復職できるかもしれません。

しかしそうでなければ、やんわり断られますし、出戻りもできないでしょう。出戻り転職は、前にいた会社が転職者に対して、どういう評価をしていあたか、真実が判る場面でもあるわけです。

■出戻り転職が可能な条件

就職情報誌やネットの専門サイトでも、出戻り転職を肯定的に評価している意見は多くありません。むしろ、そんな事を考えるくらいなら、転職を決意する前にもっと慎重に考えておきなさいという説教のような記事もあります。

その反面、出戻り転職を成功させた人の経験談といったモノもあります。そうした出戻り転職成功者に共通していえることは、
・退職するときに、強く留意されたこと
・退職後もコンタクトを欠かしていないこと
・出戻るに当たって、転職中に得たスキルが役立つこと
という点があります。

■会社にとって“使える人間”なら出戻り転職でもOK!

出戻り転職で絶対条件は、辞めるときに会社から強く留意され、惜しまれつつ退職していることです。つまり会社にとって必要な人材だったという事ですので、そんな人材がカムバックしたいと希望すれば、会社としても採用を検討するのは当然です。

また退職後も、上司や同僚とメールの交換や食事などのコミュニケーションをとっていれば、会社の様子もわかりますし、内部の状況から、転職者自身が出戻り転職が可能か判断できるでしょう。

そして、出戻り転職をする場合、大きなアピールポイントは、会社から離れていた時期に他の会社でさらに役立つスキルやキャリアを身につけていることでしょう。前以上に働くことが出来ると会社に思わせれば、出戻り転職は十分に可能です。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら