ブランク明けの転職成功方法

ブランク明けの転職を成功させるためにはまずブランクの原因をうまく説明できるための対策が必要です。大半の方は結婚や子育てが原因で数年間のブランクを空けているでしょうから、家庭生活の状況もうまく組み入れて説明していくことが大事です。育児や家事のために仕事から離れるのは仕方がないこととして、ではどうしてブランクから復職する気になったのか、できるだけ採用担当者が納得できる理由を用意しておきましょう。

近年ではブランクそのものは転職の際にあまりネガティブな材料にはならなくなっています。とくに看護師や薬剤師など女性の担い手が多く、人手不足が問題になっている業種ではブランクよりも過去のキャリアや保有している資格を評価する姿勢が目立ちます。その一方、復職した理由、もっと言えばどのような環境で働くことができるのかについて踏み込んで聞いてくる傾向が見られるのです。

家事や育児に専念するために退職し、ブランクを空けた人がどうして復職するのか、つまり生活環境がどう変化し、それが就業環境にどう影響するのかを重視するわけです。育児の負担が減って仕事に復帰できる環境になったとはいえ、完全に育児に時間を割く必要がなくなるケースはごくまれ、あくまで育児・家事との両立を前提に復職する方がほとんどのはず。復職した後に家庭生活を理由に残業や休日出勤といった会社の都合に合わせた就業環境に適応できるのかどうか、こちらの都合を明確にしておく意味でもしっかりと説明しておく必要があります。曖昧な説明に終始してしまうと相手が警戒してしまう恐れがありますし、採用された場合も入職後すぐに家庭生活との両立が困難なことが判明し、また転職を考えなければならなくなります。

ブランクのデメリットよりも過去のキャリアや資格を重視する必要があるわけですが、それがどれだけアピール材料になるかを確認するためにも業界の動向をしっかりと確認しておきましょう。ブランク期間が3年、5年にも及んだ場合、業界の状況が大きく変化しているケースも見られます。以前働いていた頃の知識やスキルが十分な活用できないこともあるのです。この点は以前働いていた業種・職種によって異なってくるだけに業界全般の状況・動向を確認しておきましょう。

あとは教育環境。ブランクからいきなり現場の最前線に復帰するのは難しいですし、プレッシャーに晒されながらの就業環境になってしまいます。ブランク明けに対してしっかりとケアし、ブランクを埋めつつ職場に対応できるような環境が整っているかどうかを求人探しの段階で確認しておきましょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら