1年目の転職成功方法

1年目に転職をしなければならないのは悲劇といってもよいでしょう。仕事のミスマッチによる早期退職が大きな問題となっていますが、それにしても1年目は早すぎます。よほどの事情があっての退職ですから、転職活動の際にそれをうまく理由づけできる対策を行っておきたいところです。

まずどうして1年目で辞めてしまうことになったのか、自分の中で理由を明確にしておきましょう。短期間での転職にはかなり決定的な理由があったはずです。それが何だったのかを確認しておくことで次の職場でその失敗を繰り返さずに職探しを行っていくことができます。また、求人探しの際の優先順位を決める際にも役立つでしょう。たとえば就業環境に問題があった場合には残業や休日にゆとりがある職場を、人間関係の問題を抱えていた場合には風通しや雰囲気がよい職場を、といった具合です。

一方、面接の際にこうした前の職場をすぐに辞めてしまった理由をあまり前面に押し出さないよう注意しましょう。就業環境や人間関係が原因で辞めなければならなかった場合にはどうしても説明に愚痴や文句といった要素が入り込んでしまいます。どのような事情であれ、転職理由にネガティブな要素が多いのはマイナス材料となります。言うべき点はしっかり伝える必要がありますが、あくまで客観的な内容に終始すること、そして志望動機とうまく結びつける工夫が欲しいところです。たとえば「貴社は就業環境の取り決めがしっかりしており、前の職場で抱えていたワークライフバランスの悩みを感じずに済むと思いました」など。もちろん、自分の都合ばかりを並べ立てていると「会社の都合に合わせない人間」「都合が悪くなるとすぐに辞めてしまう可能性がある」といった判断が下されてしまうこともあるので気をつけましょう。

1年目で退職してしまった場合、その経験はキャリアとしてほとんど役立たないと考えましょう。ですから同じ業種の職場から転職先を探していくのか、それともまったく異なる業種で新たなスタートを切るのか、の選択肢も転職を成功させるうえでの大事なポイントです。これは先述した退職理由とも深く関わってきます。同じ業種では収入や就業環境が共通している部分もあり、その点に不満を感じた場合には思い切って別の業種に転職した方がよい職場に出会えるチャンスが増えるでしょう。一方人間関係などその企業そのものの体質や環境に問題があった場合には同じ業種から次の職場を探した方が少しでも勝手を知っている分有利になります。

1年目の転職は本人が負い目を感じてしまう面があるため、自己アピールをしっかり行うことも重視しながら転職活動を行っていくよう心がけたいところです。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら