50代の転職成功のポイント

50代の転職は成功しやすいケースとうまくいかないケースがはっきりと分かれるのが大きな特徴です。豊富な実績と高い評価を得ている人材が役職付きでスカウトやヘッドハンティングの形で迎え入れられる機会が多くなる一方、自分の意思で退職して次の職場を探そうとすると年齢が大きなネックとなって苦戦してしまうことが多いからです。

間違いないのは50代の転職は年齢が大きなネックとなって転職先探しの段階から大きな制約を受けてしまうことです。未経験の業種・職種への転職はほぼ不可能になるのはもちろん、同業種への転職でも応募条件の段階ではねかえされてしまうケースが多くなります。転職成功の際にはまずこの自分が応募できる職場を見つけるという最初の入り口を突破しなければならないわけです。

そのためには人脈をうまく活用しましょう。求人情報を探すだけでは50代でも応募可能な求人を見つけることそのものが難しいですし、もしあったとしてもよい待遇は期待できないでしょう。50代にもなればこれまでのキャリアで培ってきた人脈があるはずです。取引先やかつての同僚などのネットワークをうまく活用し、自分を採用してくれる職場があるかどうかを探していきましょう。こうした人脈を活用した転職先探しでは紹介する人がいわば能力や人柄を保証してくれる形になりますから、50代という年齢がつきまとうマイナスをカバーすることができます。逆に言えば転職活動に活かせる人脈をどれだけ築いていることができるかで転職を成功できるかどうかの多くの部分が決まるといっても過言ではありません。

こうしてまず転職先の候補を見つけたら今度は自己アピール。もちろん即戦力として活用できる点が第一ですが、50代ともなれば現場でバリバリ活躍するプレイヤーとしての面ではなく、現場をまとめる管理職としての面が求められるようになります。とくに中途採用の場合は人材の育成能力が問われます。20代、30代の若い人材をうまく指導し、ビジネスマンとして使える段階へと育て上げるスキルを備えているかどうか。過去に直接人材育成に携わった経験がある場合にはその点を大いにアピールするべきですし、ない場合でもこれまでの職場で若い人材とどう接し、活用していったのかをうまく説明していきたいところです。

あとはマネジメント経験や交渉力といったプロジェクトに中核に関わる経験やスキルも50代の転職では欠かせないポイントとなります。これらは過去の実績と成果とともにうまくアピールしていきましょう。その際にはあまり説明がくどくなりすぎず、簡潔なアピールを心がけることも忘れないようにしましょう。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら