40代の転職成功のポイント

40代で転職を成功させるためにはいかにしてキャリアを継続できる環境を手に入れることができるか、応募先にキャリアを高く評価してもらうことができるかが勝負の分かれ目となります。

30代後半以降になると未経験での転職はほとんど不可能といってもよい状況になります。40代になればもはや将来性を考慮されることはほとんどなく、もっぱらその時身につけているスキルやこれまで培ってきたキャリアを基準に評価される形になります。ですからどのような理由で前の職場を退職したのかはともかく、心機一転新しい業種でやりなおそう、といった理想ではなくどういった転職の機会が自分には与えられているのか、現実的な視点で求人探しを行っていくことが大前提となります。その意味では転職は人生の大きな転機というよりもこれまでの生活を維持するために行うものとの意識が必要でしょう。

成功のポイントはよい意味で「自分を高く売る」点にあります。将来性をアピールする余地がない以上、現時点での自分をできるだけ高く評価してもらうことがポイントとなるわけです。それだけにどういった点が採用担当者にとって評価の基準になるのかをよく踏まえたうえで面接対策や職務経歴書の作成を行っていくようにしましょう。キャリアをアピールするとなるとどうして勤続年数や役職といったアピールしやすい部分ばかりを前面に出してしまう傾向が見られますが、転職ではそういった面よりもより具体的で実際的な面が重視されます。実際にどのような仕事を担当し、どういった実績・成果を出してきたのかをうまくアピールできるようにしましょう。

しかもこうした実績・成果はあくまで簡潔にまとめるのが必須です。職務経歴書に長々と過去の実績を書き連ねるケースもよく見られますが、そういった自己アピールはかえって逆効果。これは面接時の口頭でのアピールも同様です。自分のキャリアをわかりやすくまとめられるかどうかも重要な判断基準となるだけに気をつけましょう。

また、仕事の成果だけでなく、部下や後輩を育てる育成能力や現場をうまくまとめる運営能力も非常に重要な評価ポイントです。実績と成果だけをアピールしようとするとこうしたアピールしづらい部分が抜けてしまいかねませんから、頭に入れたうえで必ず盛り込んでいきましょう。

このように、今現在の自分の能力を評価してもらうための自己アピールが40代の転職を成功させる上での最大のポイントとなります。くどくなりすぎず、それでいて相手に感銘を与えられるような形でまとめていきたいところです。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら