20代の転職成功のポイント

20代の転職成功のポイントを簡単に言えば「キャリア不足のマイナスを将来性でどれだけ補うことができるか」に尽きます。どのような理由であれ20代の段階で転職をする際にはどうしてもマイナスイメージがつきまといます。とくに2〜3年程度で転職した第二新卒の場合はどうしても「またすぐに辞めてしまわないかどうか」との疑問を払拭する必要が出てきます。

そんな20代の転職では自分の強みをできるだけうまく表面に出していく必要があります。数年で前の職場を辞めてしまったマイナス点は新卒に比べて社会経験とマナーを備えているメリットに変えましょう。面接の際には社会人としての最低限のマナーを備えていることをアピールすること、そして将来のビジョンやその会社で自分がどういった環境で活躍したいと思っているのかなど、新卒とは違う、と思わせる振る舞いが求められます。面接対策の際には基本的なマナーを踏まえておくのはもちろん、こうした社会人としての一面をうまく押し出すようにしましょう。

それから将来性をアピールすること。この点こそ20代最大の武器、応募先の会社が自分にとってマッチする職場であること、そうした職場なら自分の能力を最大限に発揮できる、あるいは自分を磨いていくことができることを最大限にアピールしていくことが大事です。前の職場に対するネガティブな発言はNGですが、前の職場では十分に活かせなかった自分の能力、あるいは見出せなかったやりがいを応募先なら発揮できる自信があることを強調しましょう。ただ意欲だけなら誰でもアピールできるわけですから、具体的に何ができるのかを説明できるかどうかが大事です。

この点に関しては事前に応募先の企業に関する情報をしっかり入手したうえでその業務内容と自分との適性をうまく組み合わせて説明していくことがまず第一。それからスキルアップへの意欲、自己投資への意欲もうまくアピールに盛り込んでいきましょう。職場でどういった経験を積みながら自分を磨いていきたいのか、あるいは関連資格を取得する意識があるのかどうか。意欲に加えて自分の学習能力や吸収力、目的実現に対する粘り強い姿勢などもアピールできれば最高です。前の職場を短期間で退職してしまったマイナスイメージをうまく払拭できるでしょう。

このように、20代は「伸び代」をどれだけうまく相手に伝えることができるかが転職成功の鍵です。意欲を前面に押し出すのはもちろん、そこにうまく説得力を加えることが採用担当者に評価してもらうためのポイントとなります。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら