転職成功のために使える!人気のサイトランキングをご紹介!

当サイトでは、転職成功のためにぜひとも活用したい転職サイトを、ランキング形式でご紹介しています。

転職に至った背景、希望の職種や業種によって、転職成功のコツやポイントがあります。転職のプロに頼ってフォローしてもらうのは大変有効な方法です。

転職で成功したいのならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
オススメポイント
  • 年収アップ率65%!業界大手のリクルートグループが運営する転職を成功できるサービスサイトです。
  • 豊富な求人数は全国を網羅!首都圏での転職でも地元へのUターン希望でも、希望の地域の求人情報が手に入ります。
  • 業界に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。もし相性が合わないと思ったら、担当コンサルタントの変更も可能です。
詳細・登録はこちら
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社インテリジェンス
オススメポイント
  • 未公開求人が多いのは、本気で転職を求めているユーザーに答えるため!そして求人を出している企業も本気で人を求めている証です。
  • 求人数が転職サイトの中ではトップクラス!その上全国対応なので、好きな地域の求人情報が手に入ります。
  • 若手はもちろん、中高年ミドルクラスの転職実績も高く、利用者数年間10000人以上の実績が転職を成功に導きます。
詳細・登録はこちら
対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 利用者の満足度は96.4%!「他ではダメだったけど、マイナビエージェントを使ったら採用された!」という声が多数寄せられています。
  • キャリアコンサルタントは業界別の選任制!それぞれの業界に精通したスタッフが、面接のノウハウなどを指導してくれるので必ず転職を成功させることができます。
  • インターネット転職サイトでは最大規模の「マイナビ転職」が運営!他のサイトにはない成功に結びつく求人がたくさんあります。
詳細・登録はこちら

転職で失敗しないためにまずすべき事

■アナタが転職したいと思うのは?

「今勤めている会社を辞めて、転職したい」と考える人は少なくありません。しかし、転職を考える人の動機は様々です。給料が安いとか、残業か多いとかいった経済面や待遇面で、勤めている会社にやりがいをなくしてしまった人もいるでしょう。

また上司がイヤな奴だとか、同僚や部下との反りが合わないといった人間関係に疲れてしまって、転職を考える人も多いと思います。あるいは自分には他にもっとやりたい事があって、新たな世界で自分の力を試してみたいといった、野心的な理由で転職したいと思っているかもしれません。

■転職を決意しても、すぐに会社を辞めてはいけない

ただ理由がどんなモノであったとしても、“転職を決意した瞬間に会社を辞めてはいけない”というのが、転職で失敗しないための鉄則でしょう。

理由は単純明快で、“退職したからといって、すぐに次の仕事が見つからない”からです。確かに2014年現在、一部業界では人手不足に悩んでおり、すぐに働ける会社も実在します。しかしその業種職種が自分に合っているかは別問題です。慌てて転職したところで、やっぱり待遇が悪かったり、人間関係がギスギスした職場だったり、元いた会社の方が良かったなんてハメに陥ることも珍しくはありません。

■今の会社に留まってじっくり仕事を探すのがベスト

今の会社に留まって転職活動をするメリットはとても大きいといえます。まず第一に転職するまでの安定した収入が保証されます。退職した後、失業保険で食い繋ぎながら就職活動をするのは無謀です。自主退職の場合には約3ヶ月の「給付制限期間」があり、その間は無収入になってしまいます。

また失業保険の給付が始まっても、今まで勤めていた年数によって給付期間にも限りがあり、転職までのタイムリミットが決められてしまうのです。本当に自分の望んだ仕事に転職したいと思うのであれば、無職になって求職活動をするといった、背水の陣のような方法はやめて、今いる会社で仕事をしながら転職活動をしましょう。

■目標を持ってポジティブに転職計画を立てる

転職を決意した場合、なぜ自分が転職をしたいのか、もう一度考えてください。真剣に考えて、「今の仕事(会社)がイヤだから」というネガティブな理由では、おそらく次の転職もうまくいかないでしょう。

自分がどんな仕事をしたいのか、どんな会社に勤めたいのか、明確でポジティブな理由が見つかるまで考えましょう。これは何も気分の問題だけではありません。転職活動をしていく中で、入社を希望する会社の面接官から必ず「なぜ転職をしようと思ったのですか?」という事は必ず聞かれます。その時に前の仕事や会社の不満や悪口を言ってしまったら、採用される可能性は低くなってしまいます。

今の職場や人間関係から逃げるために転職するのではなく、自分にとってプラスになる転職目標を持つのが大切です。そして自分の持っているスキルやキャリアを客観的に理解し、自分が出来ること、挑戦が可能なことを考えて、クレバーに転職活動をしましょう。

■ネットをフルに使って求人情報を幅広くさがす。

昔の転職活動といえば、新聞や求人誌をこっそり読んだりする程度で、大っぴらにハローワークへ通ったりはできませんでした。しかしインターネットが普及した現在、わざわざハローワークに行かなくても、ネットからアクセスできますし、求人情報誌に掲載されている情報も、そのほとんどはネットで見られるようになりました。

ですから会社を辞めなくても、仕事をしながらネットで求人情報を探せるわけです。もっとも会社のパソコンを使うと、履歴から転職活動をしているのがバレてしまう可能性もあります。ですからそのくらいの注意は払う必要がありますが、自宅のパソコンやスマホを使って、かなり多くの求人情報を収集できますし、転職エージェントにも登録しておけば、見逃した情報も手に入れられるかもしれません。

じっくり腰をすえて、情報は手広く収集する、これが転職活動を失敗しないための心がけだと言えます。